テンキーって何?

テンキーって何?

数字をたくさん入力する際に便利なのが「テンキー」


テンキーとはパソコンにキーボードの右のほうにある数字のボタンのことです。
キーボードにはテンキーが付いているタイプと付いていないタイプがあります。通常数字のキーは上から二段目に横一列に並んでいるのですが、この配置ですと、数字を連続で打ち込む業務などをする際に少々手間取ってしまいます。

そこで、新しく考えだされたのがテンキーボタン。パソコンの右側に計算機のような形で数字のボタンを配置することで数字の入力を素早くできるようにしました。


テンキーのデメリット


便利なテンキーですが、テンキーをつけることでキーボードの右側のスペースが埋まってしまうという弊害もあります。マウスをよく使うユーザーからすれば「テンキーのせいでマウスまでの距離が遠くなる」なんて感じる人もいます。

そして、通常の横一列の数字ボタンでもスムーズに打ち込める人にとってはテンキーは不要な機能にもなるんですね。

とはいえ、パソコン初心者~中級者の方にとっては計算機と同じ数字の配列をしているテンキーは、便利な機能として使われてるんです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。