AUからiPhone5が発売!?

最強のスマートフォンとの呼び声が高いのがiPhone。

iPhoneは最初に出たスマートフォンでもあり、そして最も使いやすいスマートフォンでもあると言われています。しかし、そんなiPhoneにも欠点がありました。それは「ソフトバンク回線でしか契約できない」という部分。

日本の携帯電話の会社は大きな会社で3つあります。

ドコモ、au、ソフトバンク

それぞれの会社に特徴がありますが、ソフトバンクに関しては悪い特徴があるのです。それは「電波が繋がらない」という点。携帯電話の会社なのに電波が繋がらないのは致命的な欠点です。

その電波の悪さは当然iPhoneにも影響しており、「iPhoneはいいのだけれど、ソフトバンクの回線が弱すぎて使えない」と言った声はそこかしこで聞かれてきたものです。

ついにソフトバンクのiPhone独占が終わる


そんな中、先日ニュースとなったのが「auからiPhone5が発売」というニュース。現在(2011年9月時点)au社は「ノーコメント」としていますが、もしもauからiPhoneが発売されるとなると、ソフトバンクは大ピンチです。

先程も言いましたが、「iPhoneを使いたいけどソフトバンク回線が弱いからやめとこう」というユーザーが沢山います。そんなユーザーがau回線のiPhoneを選ぶ可能性が非常に高いのです。

そしてこれまでソフトバンク回線が弱小でもなお「iPhoneだから」という理由でソフトバンクと契約していたユーザーが「auに乗り換えよう」という動きも当然出てくるでしょう。

近年はソフトバンクの携帯契約台数はうなぎのぼりだったのですが、その原因はiPhoneであったことは間違いありません。その「iPhoneの独占」がなくなったとしたら、ソフトバンク社の売上は激減することが予想されます。

もちろんドコモも安心できません。「iPhoneがauから出るのなら・・」と、ドコモを契約していたユーザーがauに乗り換えるパターンも必ずあるでしょう。

こう考えるとiPhoneの影響力は凄まじい物があります。


仮に正式にauからiPhone5の発売の発表がされた時、日本の携帯電話会社の勢力図がどうなるかが、とても気になるところですね。


今回は、時事ネタの感想を述べてみました。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。