ブルーライトとは何?

ブルーライトとは、パソコンのモニタやスマホの画面から出てると言われている目に良くない光のことです。

【PCメガネ】ブルーライトの影響って、どこまでホント? - NAVER まとめ
可視光線の中で最もエネルギーが強く、眼の奥の網膜にまで
届いてしまう青色光(380〜495ナノメートル)のこと。
LEDディスプレイの普及により接触する機会が増え、
体内時計を狂わせたり、眼に与える影響が懸念されています。


「ブルーライト」の正体とPCメガネの効果 - Miuran Business Systems




ブルーライトは目に悪いの?


世間ではブルーライトカットのパソコンメガネが沢山発売されて売れています。(参照:)【パソコンの目の疲れにおすすめ】ブルーライトカットPCメガネでダメージを軽減! | おすまと【オススメまとめブログ】

売れているということは、ブルーライトカットメガネでブルーライトの影響を減らすことで、目の疲れが改善するということです。

つまり、ブルーライトは目に良くないという予測が立てられます。

寝ながら・暗いところで・スマホやパソコンのモニタを見るのは目に良くない!


夜にスマホを寝ながら使っているような人は、視力が低下してきたと感じている人も多いです。特に電気を消したくらい部屋でスマホやパソコンのモニタを見続けると、ブルーライトの悪影響が大きくなり、視力低下や、あとは、斜視(ロンパリ)になってしまうこともあるようです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。