ガラケーって何?

ガラケーって何?

パソコンの言葉とは違うんですが、今はスマートフォンやらWiFiやらと、インターネットにどこでも接続できる時代。パソコン上級者の方は100%といっていいほど、スマホ(スマートフォンのこと)を持っている時代です。

そんなスマートフォンと比較対象されるモノとして「ガラケー」という言葉があります。
ではガラケーというのは一体なんなのでしょうか?


ガラケーとはガラパゴス携帯の略称


ガラケーとはガラパゴス携帯という言葉の略称のことです。ガラケーについて説明するにはまず、日本の携帯電話と世界の携帯電話の違いを解説しなければいけません。


ガラパゴス諸島と同じく島国日本での独自の進化を遂げたガラケー


携帯電話は元々、外で電話をするために作られたものです。今でもそれは変わらないんですが。

でも、日本に携帯電話が普及し始めてからしばらくして、メールなどの機能が追加されました。ドコモのiモードメールなんかが有名ですね。

メールが追加されたのを皮切りに、日本の携帯電話にはさらに様々な機能が発達していったんです。

例えば写メールと呼ばれるカメラ機能。相手の顔を見ながら電話できるテレビ電話。さらに携帯電話でできるゲームやアプリケーションと呼ばれる携帯電話専用のソフトなどなど。アプリケーションの例としては、お財布携帯機能などが有名ですね。

さらに、日本お得意の携帯電話の小型化だったり、二つ折りにできる携帯電話も日本で開発されたものです。

海外の携帯電話はこの間、電話機能がメインであり続け、他の機能をどんどん追加することなどはなかったのです。

ガラパゴス諸島という島があるんですが、ガラパゴス諸島は他の大陸とは全く隔離された場所にあるため、他の地域では決して見られない生き物が生息しています。これと同じように、日本は島国であるがため、携帯電話の進化においても独自の進化を遂げてきました。

島国で独自の進化を遂げたケータイ電話。ガラパゴス諸島と同じような環境で進化を遂げたケータイ。これを略して「ガラケー」と呼ぶようになったんですね。


よく聞くフレーズで「スマホとガラケーの二台持ち」なんて言葉があるんですが、これはスマートフォンと普通の携帯電話を二台同時に所有することを指します。メリットとしてはインターネット利用に便利なスマートフォンと、音声通話に便利な日本独自の携帯電話を同時に持つということ。

料金プランによっては、1台の電話機で過ごすよりも安く所有できることから「2台持ち」が流行っているんです。


ガラケーって言葉を使いこなすと、ちょっとうれしかったりするんで、ぜひ使ってみて下ささいな~




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。